社会医療法人社団十全会 心臓病センター榊原病院


Powered by Google
文字サイズ
大 中 小
閉塞性肥大型心筋症に対する治療法 経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)
閉塞性肥大型心筋症のカテーテル治療を行っています
肥大型心筋症とは
 肥大型心筋症とは、原因不明の心筋疾患(特発性心筋症のひとつ)で、高血圧や心臓弁膜症などの原因疾患がないのに、心臓の壁が厚くなる(肥大)病気です。
 心臓のポンプ機能(収縮性)は一般に良好ですが、左心室(時には右心室)の内腔が狭くなり心房 から心室へ血液が流れ込みにくくなってしまうことがあります。特に左右の心室を分ける心室中隔の肥大 が高度で心臓が収縮する際に左心室の血液が流れ出る道(流出路)が狭くなる場合を、閉塞性肥大型心筋症と呼びます。
 肥大型心筋症の患者様の多くは無症状で経過されますが、閉塞性肥大型心筋症の場合、心臓が全身に送る血液の量(心拍出量)が減少し、心臓の内圧が上がることで、強い息切れや失神を生じたり、致死性不整脈が出て突然死を来すこともあります。
閉塞性肥大型心筋症に対する治療法
 まずは薬物療法が基本になります。過度の収縮が左心室の流出路を狭める原因の一つとなっているため、心臓の収縮を和らげる薬であるβ遮断薬やカルシウム拮抗薬が用いられます。さらには、一部の抗不整脈薬やペースメーカーによる治療が有効なこともあります。
 しかし、これらの治療でも十分に効果が上げられない患者様も中にはおられます。そのような場合、以前では外科的に厚くなった心室中隔を削り取って流出路を広げておりましたが、最近ではカテーテルという細い管を用いて、左心室の流出路部分の肥大した心室中隔に対して、アルコールの一種である高濃度のエタノールを注入し壊死させる経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)という治療が行われるようになってきています。
 流出路部分の肥大した筋肉が壊死を起こして、収縮しなくなることで左心室の流出路部分が広がり、心臓が容易に血液を拍出できるようになり、息切れなどの症状が劇的によくなります。壊死した組織は徐々に線維化して縮んでいくため、治療後半年から1年ぐらい経過すると症状はさらに改善します。
経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)の治療例
 局所麻酔を用いて太ももの付け根の血管から、直径2mmほどのカテーテルという細い管を心臓の冠動脈に通し、カテーテルを通じて、肥大した心室中隔を栄養している冠動脈の中隔枝というところに高濃度のエタノールを注入します。
 エタノールが他の血管に流れるのを防ぐため、中隔枝の根元部分で小さな風船を膨らませてから注入を行い、目的の狭い部分だけに壊死を起こさせます。おおよそ2時間程度で治療が完了します。