社会医療法人社団十全会 心臓病センター榊原病院


Powered by Google
文字サイズ
大 中 小
エキシマレーザー
レーザーで安全に動脈の詰まりを取り除く治療法
エキシマレーザー冠動脈形成術(ELCA)
冠動脈に挿入されたカテーテルの先端から照射されるエキシマレーザーによって
プラーク組織を蒸散させることで 、閉塞した血管を開通させます
エキシマレーザーとは
ガイドワイヤーを通じて
レーザカテーテルを病変部に導入
エキシマレーザを照射 レーザ照射後のイメージ
エキシマレーザー血管形成装置
 エキシマレーザー血管形成装置
 エキシマレーザー冠動脈形成術(ELCA)とは、冠動脈に挿入されたカテーテルの先端から照射されるエキシマレーザーによって、閉塞した血管を開通させるという治療方法です 。
 エキシマレーザーとはキセノンを媒質として発生するレーザー光で、この光照射を行うと分子結合が直接切断され、大きな分子が小さな分子へと変換されるという性質があります。つまり、エキシマレーザーを動脈硬化の起こった冠動脈に照射することによって、生体組織に熱損傷を起こすことなく病変組織を蒸散させることができるという原理になっています。
治療前 治療後
 このエキシマレーザーは熱による組織除去に頼った波長の長いレーザーとは異なりクールレーザーと呼ばれ、安全性の高いものとされています。レーザー冠動脈形成術は、欧米ではすでに数万例の症例に適用され、通常の風船によるバルーン治療が困難な複雑病変に対する有効性が報告されています。日本では2001年に高度先進医療として認可され、一部の施設でのみ使用可能となっていました。しかし、2012年5月からようやく保険償還されることになり、他施設に先駆けて心臓病センター榊原病院でも使用を開始することになりました。
2012年5月22日 第一例 レーザー照射
 対象としては通常の冠動脈治療が困難な慢性完全閉塞、分岐部病変、急性心筋梗塞、ステント内再狭窄であり、従来の風船などを使用する治療に比べて、安全性が高いといわれています。また、従来ローターブレーター(血管内高速回転アテレクトミー)が石灰化の強い病変には有効とされてきましたが、このエキシマレーザーも同様に石灰化病変に有効性が高いとされています。また、ローターブレーターでは治療が困難な、急性心筋梗塞などの血栓性病変、あるいはステント再閉塞といった病変にも組織を蒸散させるエキシマレーザーは効果があります。 このエキシマレーザーを活用することで従来よりも治療の選択肢がより拡がり、さらに有効性の高い医療を安全に提供できると考えています。
エキシマレーザー心内リード抜去システムを用いたリード抜去術
 ペースメーカーや植込み型除細動器(ICD)などの心臓植込み装置の手術件数は年々増加していますが、一方で植え込み後の合併症が問題になってきています。感染症等の合併症の治療にどうしても植込んだリードを抜去することが必要な場合があります。
 これまで、単純に牽引して抜去できないリードの抜去には開心術が必要で、病客さまへの負担が大きく、なかなか有効な治療を行うことができませんでした。 しかしこのリード抜去の手術は、開心術を必要としません。
 当院でもレーザーシステムを導入し、心臓植込み装置を植込まれた病客さまに対するリード抜去術の治療を開始しました。
ICDリード レーザ照射中
SLS llがコイル癒着部に到達
癒着剥離後
カウンタートラクション法
にて抜去成功