社会医療法人社団十全会 心臓病センター榊原病院


Powered by Google
文字サイズ
大 中 小
ヘリポート
ドクターヘリや、災害時の救援物資の輸送にも利用
 ドクターヘリによる救急病客の搬送以外に、災害時には救援物資の搬送にも使用できます。 そのため、ドクターヘリよりも大きい防災ヘリの離発着にも対応しています。
ドクターヘリ/防災ヘリ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 時速約200kmで直線的に飛ぶドクターヘリは、渋滞の影響を受けないので、短い時間で、時間通りに搬送できます。ドクターカーでは往復の時間がかかってしまうので、遠隔地では特に力を発揮します。また、意外なほど揺れが少ないため、不安定な病状には有利です。
 防災ヘリは、山間部で急病になった病客を救助し、飛んでくることもあります。
特徴的なヘリポート
 診療棟屋上のヘリポートは1/3が前に突き出して、特徴的な外観を呈しています。これは建物中央の『緊急エレベーター』が屋上まで突き出ているためです。このため、途中で乗り換えることなく、ICU・手術室・心臓カテーテル室などに最短時間で搬送できます。