社会医療法人社団十全会 心臓病センター榊原病院


Powered by Google
文字サイズ
大 中 小
メドトロニックミニメド CGMS-Gold グルコースモニタシステム
皮下に一時的に留置したセンサーで
グルコース濃度を連続測定できる血糖測定システム
測定が難しい血糖値の変動を把握できるようになり、
ひとりひとりの状態に合った、より良い治療方針の立案ができます。
最大連続72時間装着可能 不快感はほとんどありません 小型で軽量 パソコン上でデータ解析
内科部長
清水 一紀
Ikki Shimizu
糖尿病の不安、悩みなど
お気軽にご相談下さい。
CGMとは
画像
 皮下に一時的に留置したセンサー(電極)により組織間質液中のグルコース濃度を連続測定(1日に最大288回)する血糖測定システムです。測定をひとつのセンサーで最大3日間行い、得られた測定値をセンサーに接続された携帯型のモニタシステムに5分ごとに記録します。
 医師はパソコンを介して複数日にわたるグルコース値の日内変動などを解析し、目標値からの逸脱パターンを認識できます。
インスリンポンプ療法